はじめてのアパート投資☆徹底リサーチ

投資を行ってアパート経営するメリット

トップ > アパートの投資について > 投資を行ってアパート経営するメリット

投資を行ってアパート経営するメリット

アパートとは、2から3階建ての木造、あるいは鉄骨造で、4から12部屋くらいのイメージをしている人が多いといえます。
始めは不安だからと、マンションの一室からはじめ、段階的に物件数を増加させていきたいと考えている人もいることでしょう。
しかしながら、一棟ひとまとめにすることが利点になることがあります。
投資で物件を買い入れる場合、区分所有であると、一部屋ずつ契約を取り交わして、各々で融資を行なってもらうための審査それから、手続きを実行しなければならず骨が折れます。
このあたり、一棟物件であると、一括して複数の部屋を手に入れられるので、手間並びに費用を抑えることができます。
また、複数のマンションの持ち主であると、距離があって管理運営が厳しかったり、管理会社との契約の締結が経費的に非効率とも言えます。


区分所有の一室に資金投入するケースでは、入居者がつかなければ、収入額はゼロになります。
安定物件でも退去や入替のタイミングで、一時的に収入額がなくなります。
一方、一棟のケースでは、数部屋ありますので、リスク分散できます。
相対的に安価で購入でき融資がつきやすい点もメリットです。
アパートのケースでは、物件により一棟を5000万円ぐらいから確保することができるので、マンションの一棟より、安い費用で融資がつき易く、返済する額を抑えられるメリットがあります。
それに加えて、別の観点からみると、アパート一棟に関しては、物件まとめて1人の所有者となります。
ですので、オーナーが一切合切の意思決定ができるという魅力があります。
また、マンションでは、管理組合があり、大規模改修もしくは建て替えを実施する場合など、他の所有者の意見や議決に影響され、自由自在に決定することができません。


投資成果は物価変動に影響を受けることがよくありますが、アパート経営にあたっては、マイナスの影響があまりありません。
インフレによって物価上昇した場合、あわせて資産価値もアップするため、プラスに作用します。
物価上昇にともなって住居の家賃の引き上げもできるため、経済環境によっては一段と高い実益が見込めることもあり得ます。
さらに、正反対にデフレによって物価がダウンし、資産価値が低下した場合でも、住居の家賃の引き下げは不要です。
極端に言うと、インフレでは住居の家賃の引き上げが可能、他の場合で軽減の必要がないとも言えることから、物価変動には非常に強いといえます。
また、運営管理が軌道に乗ったら、収入額が安定することから、老後資金を増加させるためにアパート経営をスタートする人も少ないとは言えません。
年を重ね自発的に動くのが難しいケースであっても、管理委託すればスムーズに経営することができるため、年に関係なく継続しやすいこともアドバンテージでしょう。

次の記事へ

カテゴリー