はじめてのアパート投資☆徹底リサーチ

アパート投資の理解しておきたいリスクとは

トップ > アパートの投資について > アパート投資の理解しておきたいリスクとは

アパート投資の理解しておきたいリスクとは

アパート投資に関してはビジネスでもあるので当たり前のことですが、複数のリスクがあります。
リスクの筆頭は空室リスクといえます。
高い利回りに目がくらみ、買い求めたものの1年した後は空室だらけということも現実にあります。
そうなってしまうと予定していたキャッシュが入らなくなって、ローン返済に苦しみ、場合によっては返済することができず、差押え競売に及びかねません。
アパート投資物件を買い入れるときは、物件の空室リスクをしっかりとリサーチしてから決断しましょう。
さらに、老朽化が加速すると、入居者は新たなるアパートへと流れて、住居の家賃を下げないと入居する率が低くなります。
言うまでもなくスケジュールしていた実益が上がらなくなり、リフォームに関する費用の支出も覚悟することになります。


満室物件でも、住居の家賃滞納者がある場合空いているのと同じです。
かえって募集が不可能なので、滞納者が居るより空室方が良いともいえるでしょう。
滞納者に関する問題は古くから大家の回避できないリスクといえます。
仮に滞納者が見られたら手の施しようがなくなる前に、管理会社と相談をしつつ解決に全力を注ぐことが重要になります。
さらに、アパート投資の運営管理は長期的にインカムゲインを手にすることが主な手法なので、買い入れてすぐ譲渡する可能性は低いと考えられますが、今の時代はどういったことがあるかわかりません。
唐突にまとまったキャッシュが強いられることも無いとはいえませんし、売り払わざるおえないケースもあるかと考えられます。
換金は非常に難しく、急に売ろうとすると相当安値でたたかれてしまうことが考えられます。


アパートローンといった融資を受けアパート投資物件を買い求めた場合、金利の水準が引き上がるリスクがあります。
いまどきの金融機関は、前のように自己資金ゼロのローンといったことは控えていますし、ゆとりの無い人には貸さない姿勢が強まっています。
将来的にローンを設定し物件を手に入れる予定の方は、金利の水準が1%上昇しても支払いにゆとりがある返済計画を欠かすことが出来ません。
ほかにも、共同住宅という以上、どのタイミングで想定外の事件が起こったとしても不思議ではありません。
いざという時の防衛策としては、火災保険をかけることが重要です。
ローンを設定するときには火災保険は基本条件とされている可能性があります。
かりに任意加入でも、いざというために絶対にかけておいた方が安心することができます。

次の記事へ

カテゴリー